コンテンツマーケティングを実践するための「設計図」が手に入る!

ついに
はじめました!

カスタマージャーニーマップ

カスタマージャーニーマップ

出張ワークショップ

出張ワークショップ

“ コンテンツマーケティングの始め方がわからない、理屈はなんとなくわかったけど実践できない、始めてみたものの、なかなか成果が上がらない……。 ”
「コンテンツマーケティングのお悩みごとを解決するためにFace to Faceで一緒に考えて欲しい」

以前からいただくことの多かった、こんなご要望にお応えすべく、『出張』ワークショップをはじめました!

特徴とご満足のポイント

~普通のワークショップとはここが違います!~

「100名のコピーライター/プランナー」 × 「50年の実績」から培ったノウハウを凝縮。
コンテンツマーケティングを実践する上で、効くコンテンツ制作に直結!
当社は1967年に設立。現在の「コンテンツマーケティングブーム」のはるか以前から、コンテンツマーケティングの考え方を自社のミッションとして掲げてきました。 100名のコピーライター/プランナーが、常日頃から「生活者=顧客」を研究し、購買ステージに応じた最適なコンテンツを創ってきました。50年間で蓄積され、 今もなおブラッシュアップされ続けているノウハウをワークショップでご紹介します。
貴社ビジネスモデルを題材にしたフルカスタマイズの
『出張型』ワークショップだから、手間がかからずに、超実践的!
一般的なワークショップは、外部の会場までわざわざ出向き、不特定多数のメンバーでグループをつくり、架空のペルソナや、身近な製品を教材にしてジャーニーマップをつくります。一方、当社のワークショップは専門チームが、ワークショップに必要な部材を貴社(あるいはご指定の別の場所)に全て持参し、開催します。教材は、貴社の商材そのもので、メンバー全員が貴社の社員さまで構成されます。だからこそ、ワークショップで生まれたアイデアや気づきは、そのまま貴社のビジネスでの課題解決に直結するのです。
作成した「ペルソナシート」、「カスタマージャーニーマップ」はデザイン化され、
修正可能な「作品」として納品されるので、ワークショップ後も継続活用できる!
2016.10_journerymap_output_01.JPG
ワークショップでは、効率的に作業するためにフォーマット化された模造紙や、カラフルなポストイット、写真などを使い、「ペルソナシート」、「カスタマージャーニーマップ」をつくります。 一般的なワークショップでは、完成品は持ち帰ることができないことがほとんどですが、当社のワークショップでは、完成品は貴社に納品させていただきます。


しかし実はそれでもまだ不十分で、完成したものを後々繰り返し確認、改善していくには、サイズが大きすぎて扱いにくいというお声をいただきました。 そこで当社では、完成した「ペルソナシート」、「カスタマージャーニーマップ」を貴社内で共有し、継続的に修正していただけるように、 デザインデータとして納品させていただいております。こうすることにより、ワークショップ後もそのノウハウをより実践に活用できるようになります。


ワークで完成したペルソナ/ジャーニーマップは、貴社が自らコンテンツマーケティングを実施する、または他の様々なマーケティング会社に支援を依頼する際にも、多いに役立ちます。

ペルソナ/カスタマージャーニーマップをもとに、
コミュニケーション戦略策定や実制作の追加サービスも承ります!
ワークショップで今後のコンテンツマーケティングの方向性を確認した後に、次のステップとして、より具体的な戦略策定やコンテンツ制作が必要になることもあるはず。 当社では、ご予算に応じてワークショップから実制作まで一気通貫のご支援が可能です(詳細はこちらの資料をご覧ください)。

ワークショップの内容は当社執筆「教科書」やCONTENT MARKETING LABの記事に準拠。
参考文献が豊富だから事後学習が簡単!やりっぱなしにならない!
当社は2015年に『Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書』を発刊。読んで字のごとく、実践的・具体的なノウハウが満載のコンテンツマーケティングの「教科書」です。 ワークショップでは、基礎となる「ペルソナ」と「カスタマージャーニーマップ」をつくりますが、その後のステップであるコンテンツ戦略の立て方、改善、そして拡散とPDCA実行についても、 この「教科書」で詳細に説明しているため、独習での深堀りと実践が可能です。

こんな方に最適です!

「B to C」、「B to B」、両方のビジネス領域、また、あらゆる業界・業種の方に役立ちます。コンテンツ制作、マーケティング、営業など『コンテンツ』に直接関係する業務の方はもとより、貴社のビジネスに関わるすべての人が、実践的な学びを得られるワークショップです。
ペルソナ/カスタマージャーニーマップの本質は、「顧客を知ること」。これは、「商品を売る」場合に限らず、 あらゆるビジネスシーンで求められることです。人事、総務、購買などのミドル~バックオフィス系部門の研修、あるいはリーダー・幹部の育成にも役立つカリキュラムです。

コースとオプションについて

基本は、3時間×2回。もちろん、様々なカスタマイズが可能です。
スタンダードコース
  • ペルソナ策定(3時間)…ターゲットとなるユーザを代表するひとりの人物を特定し、詳細に記述します

  • カスタマージャーニーマップ作成(3時間)…ペルソナをもとに、見込み客が必要としている情報が、認知から購買にいたるまで、適切なコンテンツ、適切な媒体で伝達できているか、あるいはどう改善できるのかを確認します
シンプルコース
  • (ペルソナ策定…事前にペルソナシートにご記入の上、貴社でご準備いただきます)
  • カスタマージャーニーマップ作成(3時間)…事前にご準備いただいたペルソナシートをもとに、ジャーニーマップを作成します
オプション
  • カスタマージャーニーマップ(PDF形式)…貴社内で簡単に共有できるように、デザインし直したマップ
  • カスタマージャーニーマップ改善キット(PPT形式)…マップを貴社で継続して、改善改良するためのキット
  • 専門チューター…貴社の業界や市場に知見のある専門家(マーケッター/ライター)がワークショップの参加にチューターとして参加します。専門家からのアドバイスを得ながら、ペルソナ/ジャーニーマップを作ることが可能となります。専門的な分野でビジネスを展開されている場合はおすすめです(対応可能な分野はお問い合わせください)

ご参加いただいた企業さまのレビュー

「見えてきた!」、「整理できた!」、「チームで共有できた!」という声が続々!

<B to C の事例>
従業員100名、創業50年の老舗の人材派遣会社さま [スタンダードコース]従業員100名、創業50年の老舗の人材派遣会社さま [スタンダードコース]
  • 「ユーザーの生活が見えてきて、プロモーションのアイデアが整理されました」(販促・管理職)
  • 「新たなタッチポイントが見えてきました」(営業担当)
  • 「チームでいっしょに仕事をしてきたが、それまで知らなかったそれぞれの情報を共有できました」(採用・管理職)
  • 「ペルソナ像として、チーム全員で共有できたのがよかったです」(採用担当)
<B to B の事例>
IT業界に大手クライアントをもつ国内大手のインターネット広告代理店さま [スタンダードコース]IT業界に大手クライアントをもつ国内大手のインターネット広告代理店さま [スタンダードコース]
  • 「漫然と渡していた提案資料。先方が必要としているタイミングが見えてきて、営業戦略が立てやすくなった。これなら効きそう」(営業担当)
  • 「全体の流れが見えてよかった。自分がどんなものを作ればよいかも見えてきた」(Webデザイナー)
  • 「カスタマージャーニーマップがいかに重要かわかった。ぜひ、自分の得意先のご担当者とともに、このワークをやりたい。戦略の方向性も企画もより充実したものがつくれると思う」(Webデザイナー)

講師の紹介

urayama.png
浦山隆行
日本SPセンター取締役副社長。30年にわたって住宅・住設関連商品のコピーライティングやプロモーションプランニング、クライアント企業のマーケティングコミュニケーション戦略立案、 商品・事業戦略立案に携わる。
mitomo.png
三友直樹
コンテンツマーケティングラボ編集長。米国の大学を卒業後、ウェブライターとしてインド、シンガポールに駐在。帰国後に同社に入社し、コンテンツマーケティング、SEOおよびウェブ解析などを幅広く学びながら、SNSなどで積極的に発信。2016年10月から現職。
niikawa.png
新川さつき
コピーライターとして、コンテンツマーケティングを20年間実践。500人以上に対してインタビューを実施した経験を生かした、「コンテンツ制作のための取材術」など、セミナーも多数実施。
okuda.png
奥田あゆみ
プランナー。ダイレクトマーケティング及びコンテンツマーケティングに携わって8年。コンテンツマーケティングについての相談事に年間50件以上対応。
tadokoro.png
田所浩之
ITコーディネーター。コンサルタントとして、海外製のマーケティングオートメーションおよび、BIツールの導入・運用の実績を積んだ後に、同チームに参画。 マーケティングオートメーションを使って、いかにコンテンツマーケティングを実現するか、データをいかに可視化するかに鋭意取り組み中。副室長として、コンテンツマーケティングラボの運営・PRにも深く関与。

よくあるご質問

Q| フルカスタマイズというと、料金が非常に高くなると思うのですが、実際のところ、おいくらでしょうか?
A| 他の会社さまではお一人当たり5万円程度の料金が多いかと思いますが、当社のサービスでは15人程度まででしたら一律の料金で提供させていただいております。また、フルカスタマイズし、継続的にコンテンツマーケティングを実践するための成果物も納品させていただきますので、費用対効果が高いサービスであると自負しております。メニュー/オプションなど、ご要件の詳細をメールでお知らせいただけましたら、概算のお見積もりはすぐにご案内いたします。ご気軽にお問い合わせください。
Q| 最低、何人集まればワークショップは開催できますか?
A| ご担当者1人からでも可能です。当社の講師、ご要望に応じて、貴社の業界・市場に通じた専門家がチューターとして参加し、少人数スタイルで開催します。
Q| 事前の準備はどんなものが必要ですか?
A| まずはビジネスゴールの設定が必要です。ペルソナやカスタマージャーニーを考えるには、対象とする製品やサービスを特定しなくてはなりません。また、シンプルコースを選択された場合は、事前にペルソナシートの記入をお願いします。 コース開催前に、ワークショップの精度を上げるために、事前ヒアリングを実施するケースが多いです。
Q| 「B to B」でもできますか?
A| もちろん可能です。「B to B」の場合は、窓口となる担当者だけでなく、決裁権を持つ関与者のペルソナも掴んでおくことが鍵になります。一般的に、「B to B」では、「B to C」と比較して、ペルソナ/ジャーニーマップがより複雑になるケースが多く、そのために描写方法に様々な工夫をしております。
Q| ペルソナやジャーニーマップを作っていく上での根拠はどの程度、必要ですか?
A| 理想的には、実際にペルソナに近いモニターへのインタビューなどを行うことですが、これには時間とコストがかかります。そこでお勧めしているのが、実際に顧客と対面している営業担当者へのヒアリングです。
Q| たった3時間でペルソナシートやジャーニーマップが完成できるものなのでしょうか?
A| 大前提として、ペルソナやカスタマージャーニーマップには、定期的なチューニング、つまり、見直しが必要です。初回、3時間ずつのワークショップの意義は、その方法論を学んでいただくと共に、今後のチューニングの基礎となるものをつくることにあります。当社では、四半期~半期に1回は見直しをご提案しております。

お問い合わせ